RYOBI HEALTHY CARE 

 News & Information

皆様、こんにちは。

両備ヘルシーケア高松です。

 

今回の臨床美術のテーマは、『なにか不思議な形』です。

まず、白い紙をじゃばらに折り、折ったところに墨で思うままに塗っていきます。

墨が乾いたら紙を広げ、更に広げたところにも墨で線や丸や四角などの形を描いていきます。

 

DSCN0011

 

DSCN0030

 

次に、墨で区切られたところをオイルパステルで塗っていきます。

白と黒の線だけだったところから、鮮やかな絵ができました。

更に色紙に張り付けて、完成です。

じゃばらのように折っているため、閉じたり開いたりすることで

違う絵のように見える作品が出来上がりました。

 

DSCN0072

 

モチーフのあるものではなく、参加された方一人ひとりの感性でできる作品のため、

どの作品も不思議な形にそれぞれとても魅力を感じられました。

参加された利用者様も「面白いわねぇ」「開くとぜんぜん違ってみえるなぁ」と

笑顔でお互いの作品を眺めていらっしゃいました。

 

※施設詳細は、こちらからご確認ください。

 

2018/02/03 14:07

各施設へのリンク

PAGE TOP

Copyright© Ryobi Healthy Care. All rights reserved.