RYOBI HEALTHY CARE 

サン・オークス倉敷 News & Information

1階のテラスは食堂に面して設置してあります。そこには山茶花、蠟梅が今一番の見ごろを迎えています。

毎年蠟梅が咲くと春が近づいてきた、と感じていましたが今年の初めからつぼみが膨らみ、次々と花を咲かせています。
       

いつもならほんの数輪でその一輪だけで楽しませてもらっていましたが、今年はかぐわしい香りも倍増です。

 

2020/01/31 17:38

昭和のメドレーのスタートとして東京オリンピックのファンファーレから始まり、「高校三年生」などご存知の曲を演奏してくれました。

リクエストコーナーでは「六甲おろし」を手拍子も合わせて歌われ、「聖母たちのララバイ」など様々なジャンルのリクエストを即興で演奏、「ちょっと不安なので皆さんの歌声で助けてください」との声に大きな声で歌われました。

最後は冬のメドレー、しっとりと「ペチカ」、「雪の降る町を」など季節の曲を演奏してくれました。演奏終了後には珍しい金色のフルート間近で見せてもらいました。

「また来てね」との声に「また伺います、お元気でお過ごしください」との返事をいただきました。

2020/01/19 17:37

岡山県立美術館で開催されている「ミュシャと日本、日本とオルリク」に行って来ました。

様々な作品が展示されていて「こんなに大きな作品とは思わなかった」とびっくりされたり、

お好きな絵の前では足を止めてじっくりとご覧になっていました。

「時間が足りなくなった」と残念がられた方もおられましたが、素敵な作品に皆様巡り合えたようでした。

2020/01/17 17:36

令和になって始めての初詣はやはり例年通りの「春日神社」です。

いつもより念入りに気合を込めてお賽銭を入れ、手を合わせ、じっくりと祈願しました。

お参りの後は甘酒で身体を温めました。「外で飲む甘酒はやっぱりおいしい」と皆様笑顔で答えてくれました。天気に恵まれたポカポカした初詣日和の元旦でした。今年も良い一年でありますように!!

 

2020/01/03 17:37

「”ぶっしゅかん”という珍しいものがあるから見に来て」と声をかけて頂き、早速お部屋に伺いました。

それはそれは、今まで見たこともない実で、形が手の指のように何本にも分かれていました。名前の由来は、千手観音を思わせるところから『仏手柑(ぶっしゅかん)』と名付けられたそうです。

見ていると思わず手を合わせてしまいそうになる不思議な果実。「仏」という文字が入っているせいか、なんだか見ているだけで心を落ち着かせてくれるような気がします。

 

3年目の胡蝶蘭の鉢植え、「今回はちょっとびっくりした、1株から2本の花芽が出たことは初めて」と教えてくれました。愛情をこめて手入れをすると花も答えてくれるのでしょう。

お正月の頃にはまだつぼみだったのが、だんだんと咲き始めて今は半分ほど咲いています。

「毎日左右均等に1輪ずつ咲いているのよ」と満開になるのを楽しみされています。

2020/01/03 17:36

 皆様、明けましておめでとうございます。昨年はサン・オークス倉敷ではいろんなことがありましたが皆様のおかげで無事乗り越えることが出来ました。世間では平成天皇が430日に退位され新たに51日から皇太子徳仁親王殿下が新天皇に即位され、元号も令和に変わりました。また10月から消費税が10%に増税され、その他、岡山県出身の渋野日向子選手がゴルフで全英女子オープンに優勝し、日本国中が大騒ぎとなりました。また、今年は東京オリンピックイヤーです。前回の東京オリンピックでは私は9歳で小学校4年生でした。その当時、マラソンでは裸足のアベベが優勝し円谷が銅メダル、日本勢は柔道や体操、レスリング、重量挙げ、女子バレーが活躍しました。その時の様子は今でも鮮明に覚えています。今年の東京オリンピックではどの競技で日本勢が活躍できるのか非常に楽しみです。前回のオリンピック後の東京は物凄く発展しました。今回も同じように発展していくものと思います。特に今年は子年にあたります。子年はねずみ算という言葉があるように子供をどんどん産んで数を増やしていくことから「子孫繁栄」の象徴でもあります。また、株式市場にも「子年は繁栄」という格言があり株価も上昇する傾向にあると言われています。今は介護業界に限らずどの業界も人員不足に陥っています。本当に心から「子孫繁栄」を期待しています。この他に子年の特徴としては「火事の前にはねずみはいなくなる」「ねずみは沈む船を去る」などのことわざにあるように鋭い勘とひらめきを持ち合わせています。想定外の災害がこの日本国内では多く発生しています。ちょうど、防災計画を作成中ですので子年にあやかって最も命が助かる避難計画を今年中に完成いたします。本年も更なるサービスの向上に努めて参りますので、より一層のご支援、お引立てを賜りますようお願い申し上げます。皆様やご家族様のご健康とご多幸をお祈りし、新年のご挨拶とさせていただきます。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

                                                                                                                                                                          サン・オークス倉敷 施設長 立川 裕一

  新年あけましておめでとうございます。旧年中は大変お世話になり、ありがとうございました。皆様にはご理解とご協力を賜り心より感謝申し上げます。年号も令和になり、天皇陛下は上皇のご意思を引き継ぎ世界の平和、国家安寧を願い国民に寄り添う姿勢を明確に示され行動に移しておられます。大きなことはできないかもしれませんが、私たちスタッフ一同一丸となり、お客様に寄り添い、ここを選んでいただけたことに感謝し、行動に移していけるよう邁進していく所存です。
本年両備グループ経営方針として
1.一流を目指し、次代を創る
1.明るい職場でワンチーム!
を掲げてあります。

サン・オークス倉敷としても、まさしくそこを目指し、最高の施設にしてまいります。今年は、オリンピック・パラリンピックが日本で開催されます。昨年、被災された皆様にも大きな感動と勇気がもらえるのではないでしょうか。明るく楽しい話題がサン・オークス倉敷にも満ち溢れることと思います。末筆ではございますが、皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。本年もどうぞよろしくお願い致します。

                                                                                                                                                                    サン・オークス倉敷 管理者 山本 広恵

2020/01/01 20:38

2020年の夜明けです。大晦日から冷え切った、凛とした空気が漂う中、午前7時、ゆっくりと東の空がオレンジ色に染まり始めました。

7時13分、ご来光です。少し雲が邪魔をしてきれいに見えるのかな?と思ったのもつかの間、まぶしい朝日が新しい年を迎えたばかりの倉敷の街を照らし始めました。2020年、東京オリンピック、そして、サン・オークス倉敷にとって20周年を迎えるメモリアルな年になります。

 

 

2020/01/01 17:37

ゆりかごコーラスの皆さんによるクリスマスコンサートが開催されました。

お揃いのドレスにサンタの帽子やトナカイの角などクリスマスにぴったりの衣装で登場。

サンタが街にやってくる」「もみの木」などクリスマスソングをたくさん歌ってくださり、

曲に合わせてすずやタンバリンなどの楽器も鳴らしクリスマス気分を盛り上げてくれました。

 

そして皆様も一緒に「荒城の月」「北国の春」を大きな声で歌いました。

最後にかわいいプレゼントを手渡されると「ありがとう、また来てね」と声をかけると「お元気で、また伺います」

との返事を いただき笑顔で握手をされていました。

2019/12/07 13:19

平成22年に亡くなった女性歌人、河野裕子(かわの・ゆうこ)さんを顕彰する公募短歌大会「第8回~家族を歌う~河野裕子短歌賞」に、サン・オークス倉敷の入居者である菊辻様が投稿され、1705首の中から歌人の俵万智さんに選ばれました。

「お父さんあなたのにおい忘れません出征の夜抱かれし時の」

菊辻様が5歳の時、これからフィリピンの戦地に向かう夜の港で船に乗り込む直前に父に抱っこされ、その時の父の(男)汗と革靴のにおいが強烈に残り、後にその残り香を思い短歌にしたためた、と話されました。

菊辻様のつくられる短歌や、五行歌は気持ちを様々な言葉で表現しとてもストレートに心に響く歌を作られます。また、どんな歌をおつくりいただくのか楽しみです。

2019/11/30 12:48

岡山県大正琴愛好会「多津美」の皆様による演奏会が行われました。はっぴ姿で登場され長唄の中から「元禄花見踊り」を演奏、きらびやかな衣装にかわり民謡メドレーでは各地をまわり温泉に入った気分になりました。

 

「知床旅情」などご存知の曲は演奏に合せて口ずさまれ、また楽器紹介もありそれぞれの音色の違いを聴かせてもらいました。

 

最後は「ふるさと」を演奏に合わせて大きな声で皆様歌われました。

終了後には楽器の演奏方法を教えてもらい「難しいなぁ」と言われながらもド・レ・ミ~と音階を弾いたり、
簡単な曲を演奏されたりとプチ体験を楽しまれた方もいらっしゃいました。

2019/11/26 12:48

各施設へのリンク

PAGE TOP

Copyright© Ryobi Healthy Care. All rights reserved.